マックのクラブマニアルーム35<ドライバーの長さ・フィードバック>

こんにちは!

マック久保田です!!

前回に引き続き、今回も過去のフィードバック特集をお送り致します。

今回はドライバーについて。

ドライバーが曲がってしまう、方向が安定しない…という方必見です!!

ドライバーはクラブの中で最も長く、遠心力が働き最も遠くにボールを飛ばせるクラブです。

市販されているドライバーの長さは、短いもので44インチ以下、長くなると47インチ以上と様々です。(1インチ=2.54cm)

機械計測で、クラブの長さが1インチ長くなると、ドライバー時には5ヤード遠くに飛ぶと言われています。

ヘッドの高反発規制が実施されて以降、各メーカーは飛距離を出すために、徐々にクラブを長くする傾向にありました。

「では、長いクラブは本当に飛ぶのか?」

というのが今日のお話です。

ルール上、パターを除くクラブは48インチまでと決められています。

1インチ長くなると5ヤード飛ぶのであれば、飛距離を少しでも稼ぐ為に誰もが48インチのドライバーを使うはずです。

しかし面白いデータが….

 

 

一般市販されているドライバーの平均長さと、世界トッププロ200人が使用しているドライバーの平均長さの比較データです。

市販ドライバーの平均長さは45.7インチ

世界トッププロ200人のドライバーの平均長さは44.8インチ

実はプロの使用しているドライバーの方が約1インチ短いのです。

もし長いドライバーで真っ直ぐ遠くに飛ばせるならば、プロは飛距離のアドバンテージを取る為に長いクラブを使うはず。

しかし、このデータにあるようにプロが短いクラブを使う理由….

それは、プロでさえ長いクラブをコントロールするのは難しいと思っているからです。

プロでさえコントロールが難しい45インチ以上のクラブを、アマチュアの方が正確に飛ばすのはもっと難しいはずです。

最近のクラブは長くなりすぎているように感じます。

ここ数年、反発規制に対抗しようと各メーカーはこぞって長尺クラブを販売していますが、それはここ一発の飛距離に魅力を感じてもらう為です。

 

 

確かに長いクラブは飛びます。

しかし300ヤード飛んでもOBになってしまっては、次が3打目ですから平均してみると1打100ヤードと悲しいことになってしまいます。

ドライバーの方向性に悩んでいる方は、クラブの長さを短くしてみてはいかがでしょう??

1インチ長くして5ヤードの飛距離を取るのか、1インチ短くして5ヤード落とし、正確性を取るか。

それぞれのゴルフスタイルに合わせてクラブを決めるのも、ゴルフの楽しみの1つです☆

 

投稿者: エイティーンサンタゴルフクラブ

太陽広場校・大都会校・浦東校・G-NEXT校の4校舎にて展開中の、JPGA公認ゴルフスクール。4名の日本人インストラクターが、レベルや目的に応じて親切丁寧にレッスンします。上海でのゴルフレッスン・スクール。練習場紹介など、上海ゴルフのすべてをお任せください。www.18santa.com