マックのクラブマニアルーム25<フワッ、キュキュッ>

上海ゴルフ-18santa-eighteenANTA-上海レッスン-レッスン料金マック

こんにちは!!

マック久保田です!!

前回のクラブマニアルームでは、転がすアプローチに最適な「チッパー」というクラブを紹介しました。

今回は、前回と真逆、ボールを上げるための変わり種クラブ「ロブウェッジ(LW)」について紹介します。

一般にウェッジというと、

・PW(ピッチングウェッジ) ロフト:44°~48°前後

・AW(アプローチウェッジ) ロフト:50°~54°前後

・SW(サンドウェッジ) ロフト:56°~58°前後

・LW(ロブウェッジ) ロフト:60°~

を指します。

現在アイアンセットというのは、3~9番でその下にこのLWを除いた3本が来るのが一般的です。

すなわちロフト角が60°以上のクラブをロブウェッジと言います。

ロフト角がある=それだけボールを上げやすいということです。

世界のレフティ・ミケルソンは64°のロブウェッジを駆使して、スピンアプローチを巧みに操ってきます。

スピンかけてキュキュっと止めるアプローチは見ていても惚れ惚れします。

しかし、このクラブを使う時の注意点が1つあります。

スピンコントロールが非常に難しい。。。。

ロフト角が多い分、スピンがかなり多くなるのでフルスイングはもちろん、ショットにはあまり向いていません。

どちらかというとスピンコントロールができる上級者向けです。

初〜中級者が使用する上では、

グリーン周り以外は使わない・上げるアプローチ専用クラブにするのがオススメです。

上海のゴルフ場は比較的、砲台グリーン(グリーンだけが山のように盛り上がっているもの)が多い傾向にあります。

場合によってはボールを上げてスピンをかけていくアプローチが必要になってきます。

そんな時に役に立つのがこのロブウェッジですが、取り扱いには十分注意してやってくださいね♪

グリーン周りの怪我が一番痛いミスですから。

投稿者: エイティーンサンタゴルフクラブ

太陽広場校・大都会校・浦東校・G-NEXT校の4校舎にて展開中の、JPGA公認ゴルフスクール。4名の日本人インストラクターが、レベルや目的に応じて親切丁寧にレッスンします。上海でのゴルフレッスン・スクール。練習場紹介など、上海ゴルフのすべてをお任せください。www.18santa.com